*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
老犬の治療・獣医さんの考えと飼い主の考え
今日、10日ぶりに動物病院に行ってきました。
お昼頃、長女のお鼻がブーブーとなりだし、鼻水が出たり入ったりしています。
息も苦しそうにしていて、少し興奮しているみたいです。

鼻水・・・。なかなか完治しないものですね。
前回使った抗生剤は、耐性菌が出来ているのでしょうか、今ひとつ効き目が弱い気がします。

あとは1日2回の注射、もしくは1回だけの注射で2週間の効果があるというもの。
1日2回の通院は長女にとって辛いですし、2週間効果があるものは、もし合わなかった場合に恐いことになる。

どうしましょう~!と悩んでいる私に先生、「粉薬飲めるなら出しておきましょうか?甘味があるタイプですけど。」それがあるならもっと早く言って欲しかった~。
なんてことない、いい子でちゃんと飲んでくれました。

今までせっせと通院していたのは何のため?と思います。
そのわけは以前ブログに詳しく書かせて頂いています。

あとはこのお薬が効いてくれることを願うのみですが・・・。
そして、昨日からの首がねじれたようになる症状、やはり前庭からきている可能性もあるそうです。
その他に、ピクッとなるチックの症状も出ているので経過観察することに。
今よりも酷くなるようだったら、ステロイドの注射に通うことになるかもしれません。

0711.jpg

ところで、今日の診察のとき、これからの治療について、担当の先生からお話があったんです。
先生は長女くらい高齢の子に対する治療として、生活の質を下げないように助ける治療はしていく方がいいと思うけど、どんどん検査をして積極的に治療をしていくようなやり方は好きではないです。
どうしても必要な検査なら仕方ないけど、あとは飼い主さんの考え方次第です・・・。
とおっしゃいました。

今年に入った頃から、長女も次女もレントゲンや超音波検査のとき、暴れるようになり、血液を取るだけでも、すごく嫌がるようになりました。
だから検査自体かなりのストレスになるのは確かです。

先生が言われるように必要不可欠な検査だけにし、嫌がるようなことは、もうしない方がいいのかもしれません。
私も納得し、先生が長女のことを考えて一番良いと思われる治療をしてやってください。
とお願いしてきました。

長女0711

獣医さんによっても、飼い主さんによっても考え方はさまざまだと思います。
例えば、食べなくなった老犬に点滴を打つことを延命だと考え、全く治療をされない飼い主さんもいらっしゃいます。
でもその点滴がきっかけで食欲が戻ることもありますね。

どれが正しい治療なのか分かりませんが、母として充分に出来ることやったんだという気持ちになれることが大切だと思います。
後悔ほどつらいことはありませんからね。

幸いにも長女は痛がったり、苦しんだりしていません。
残された時間を穏やかにゆっくり過ごさせてやりたいと思います。mini01.gif

ハート05

             ちびちゃん ありがとね
             皆さん 最後までおつきあいくださってありがとうございます♡

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 老犬との日々
ジャンル : ペット

tag : 高齢犬 シーズー 獣医

Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
こんばんは☆
遊びに伺いました~(*^_^*)

獣医さんの考えと飼い主の考え、なかなか微妙な温度差は埋まらないですよね。
お薬のことも我が家でも同じようなことがありましたよ。
お薬は出されていましたが膵炎だったことも教えて貰えて無かったり。。。
老犬とはいえ痛さも苦しさも感じるので薬程度ならのませてやりたいと
ついつい思ってしまいます。

長女さん、髪の毛もオシャレに結って貰って綺麗にされてますね♪
薄毛に悩むクッキーじぃさんですから これだけ毛量があるのが羨ましいです。

次女さんもほんと可愛い♪
また遊びに伺わせて頂きますね~(*^_^*)

No title
sachiさん
こんばんは♪
ありがとうございます~。
そうですよね、クッキー君膵炎の経験もあるんですよね。
うちの次女も去年の今頃、膵炎で苦しい思いをしました。
かなり痛みがあったようで可哀想でした(涙)。
クッキー君は落ち着かれているようで、良かったですね。
クッキー君とうちの次女、病歴に共通点が多くて、勝手に親近感を持っていました。
だから、とても応援したくなるんでしょうね♪

長女や次女のこと褒めてくださって、ありがとうございます♪
うれしすぎてウルウルしちゃいました。
親ばかをどうぞお許し下さいね。
プロフィール

アール

Author:アール
全身全霊をかけて愛した娘達との相次ぐお別れを経験しました。母はどんなに寂しくとも思い出を頼りに生きていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。