*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちびちゃんの膀胱結石3 (手術のリスク)
ちびちゃんは、ドッグショーを引退する頃からどんどん太っていきました。

0131ちび
「ぽんぽこりんの狸さんみたいデス

定期健診で度々病院には連れて行っていましたので、スマートな頃もご存知で、ちびちゃんが太ったこと、被毛が薄くなってきたことから複数の先生が「クッシング症候群」という病気を疑われたようです。

手術前には、どうしてもこの病気の検査をしなくてはいけないと説明されました。
その当時、クッシングの検査をすることは、それなりのリスクがあるということでした。
とても心配しましたが、結果はクッシング症候群ではありませんでした。


でもどうしてこんなに太ってしまったのか?
実は手術前のちびちゃんの体重は3.6㎏。
気がつけばかなりの太めでした。

0131ちび02

その当時、私はフルタイムで働いていました。
帰宅時間が遅いので、亡き母が娘達の食事の世話をしてくれていました。

最近ちびちゃん、太ったけどどれくらい食べてるの?と母に聞いてみました。
「食べたがるから、食べたいだけ食べさせてるわよ。」
とのお返事。

それからは、1回65gを朝晩2回、計量して食べさせるようにしました。
母にはお願いしました。ちびちゃんのこと可愛いのなら、心を鬼にして食べたいって言っても食べさせないで・・・。


肥満はどうしても手術のリスクを高めるそうなので、頑張って手術時には、2㎏台まで落としたと記憶しています。
その後、ずっと、ごはんを計量して食べさせたので2.4kg前後をキープしていました。

体質的にも太りやすいこともありましたが、そこまで太らせてしまったことは、今でも後悔しています。
娘達にお洋服を購入しようとサイズを測ったら、ウエストが長女よりちびちゃんのほうが大きかったときのショックは忘れません。

0131ひな

                                             続く


      最後までおつきあいくださってありがとうございましたm(_ _)m




 にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村  
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

tag : 高齢犬 ヨーキー シーズー 膀胱結石

Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
佐藤さん
そうなんですよ。
コロコロしていて可愛かったのですが、健康のことが心配になりますね。
チャー君もそんな時があったんですね。


ワンちゃん、迎えられたのですね。
これからは、ジャック君にとってしあわせな犬生が送れることだと思います。
佐藤さんと出会えて本当に良かったです。

ワンちゃんってどんな目にあわされても人を恨んだりしないのですね。
お話お伺いしただけで涙が出てしまいます。
病院に連れて行ってもらって本当に良かった。
これからは佐藤さんご夫婦と一緒で安心ですし、いっぱい甘えさせてあげたいですね。

可愛い子でホントに良かったですね。チャー君が出会わせてくれたと私も思います。
お空の上からママの頑張っている姿を見ていますよ。

ひどい方がおられるようですね。
もっと法律で取り締まって欲しいと思いますね。
ワンちゃんにとってもっと過ごしやすい世の中になることを祈らずにはいられません。



No title
ちびちゃんのお腹、本当にポンポコリンだわ。
なんだか凄く触り心地の良さそうなお腹ですねぇ。

うちの子達って、代々好きなだけ食べさせてきたんだけど、
今までの子達で太った子っていないんですよ。
結構みんな沢山食べてた様に思うんだけど、何故なんだろ。

唯一太るタイプの子はルティ1匹です。
ルティは、保護犬で一般家庭で70匹くらい飼っていて
飼いきれなくなり保健所に入れられる直前に引き出した子です。
その時ゲージには死んだシーズーと詰め込まれてました。
ずっとその狭いゲージの中だけで死んだ子数匹と過した子がルティです。
だからなのか?食事には、もの凄い執着心があり、止めどない
食欲なんです。
私も数十匹の犬達と暮らして来て、ルティが初めて太るタイプの子なんですよ。

今じゃ、たーぼーもモコも益々ガリガリで(涙)
ゴツゴツしていて撫で心地悪く、撫でる時は、太ってる方がいいわよね♪

No title
えぇー!
お姉ちゃんよりウエストが太い〜?
でもクッシングじゃなくてよかったですね!
治らない病気だし薬は高額だし。

モモは避妊手術をしてから太りやすく「子豚ちゃん」なんて呼ばれた時期もありましたが14歳の誕生日を過ぎた頃から骨がゴツゴツ目立ってきました。
年老いて行くのは切ないですね(ー ー;)

二人並んで三つ編み写真すっごーーーく可愛いですね♪
見ているだけで癒されますよ〜(≧∇≦)
No title
お母さんも食べてくれるのが
嬉しくなっちゃったんですね・・・
ココアはクッシングでしたが
ちょうどフードを替えて
よく食べるな~と思っていたのと
クッシングを発症したのが
同じ時期で太った???と
思っていたので気づくのが
遅くなりました。

ココアもルイも男の子なので
今更・・・女の子っておっ○いが
ちゃんとあるんだーと
ちびちゃんをみて思った私です・・・笑
Re: No title
mocoママさん
すごく触り心地よっかたです。
懐かしいです。

たぶん量が多いのと、体質だと思います。
血のつながった姉妹達も太っていたと聞きました。
長女はいくら食べても肥満にはならなかったです。

それからおっしゃるように環境ですよね。
ちびちゃんのお里はかなりの大家族だったようです。
競争が激しかったのかも知れませんね。
Re: No title
ピョンコさん
そうなんですよ!!
私もショックで・・・。

クッシング、かなり高額な医療費がかかるそうですね。
検査前に詳しく聞きました。
ピョンコさんも医療費、大変だろうなと思ってしました。
可愛い我が子のためだから頑張っておられるのですよね。
高齢になると医療費はかかるものだと思っていたほうが良いですね。

ありがとうございます。
後姿にも癒されています♪
Re: No title
ママちゃんさん
そうみたいです。
孫もそれで肥満になったことがあります。

ココア君もそうでしたね。
頑張って親子で治療されたのでしょうね。
クッシングの大変さは主治医から説明されて何となくですが分かります。
医療費も高額で大変ですよね。

コメント拝見して私もにんまりしました。
やはり目のつけどころが違いますね。
そんな事考えたことなかったですが男の子にはあれがないんですね~^^
プロフィール

アール

Author:アール
全身全霊をかけて愛した娘達との相次ぐお別れを経験しました。母はどんなに寂しくとも思い出を頼りに生きていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。