*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は長女の初めての月命日でした。
同じ年に、2回も初めての月命日を迎えるとは思ってもいませんでした。
同じ年に行っちゃうなんて、寂しすぎますよね。
毎日、仏壇に手を合わせて、母とちびちゃんにお願いしていました。
「まだ迎えに来ないでね」って・・・。

「18日」・・・母の月命日でもあるんです。そして私の誕生日も18日です。
ちびちゃんの月命日は21日ですが、18日に急に体調を崩しました。
18日にはもっと気をつけておくべきだったとか、いろいろ考えてしまいます。

もう出来る事は供養という地上からの応援しかありません。
もう一度長女のお世話をしてみたいです。

確かに大変だった時期もあります。ごはんを食べてくれたら大喜び、食べてくれない時は胃がきりきり痛くなる。
長女の体調次第で一喜一憂する毎日でした。
それでも一緒に過ごせる時間というものは宝物ですね。

可愛い可愛い私の娘・・・ひなちゃん、ありがとね。
17年8ヶ月16日の一生...そのほとんどの時間を一緒に過ごせたことは本当にしあわせだった。
これからもずっとずっと、愛してるよ・・・。

1218長女01
「2013.10.23」


   最後までおつきあいくださってありがとうございましたm(_ _)m


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 老犬との日々
ジャンル : ペット

tag : 高齢犬 シーズー 月命日

Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
Yさん
もうひと月、まだひと月…そのときの精神状態で感じ方も変わるものですね。
本当に仲良しだったので体を寄せ合ってる姿を想像してしまいます。

ありがとうございます、照れちゃいます。
でも時々忘れることもありますよ笑
Re: No title
Tさん
年末で、お仕事もお忙しいですよね。
娘ちゃんが元気にしてくれてるから、助かりますね。
この間の動画もびっくりしちゃいました。だって、元気すぎるくらい元気ですもん。
良かったな~って思っています。ずっとずっと応援していますからね。

のびのび過ぎて、「しつけ」というものをされて育ってないので、好き放題していましたよ。
そうなんですよ、今でもこたつの中にいるように錯覚してしまうこともあります。

ありがとうございます。とても嬉しいです。


Re: No title
ママちゃんさん
どうしても、日にちや数字にこだわってしまいますよね。
あ~去年の今頃はって考えてしまいます。
だから記念日というか記憶に残っている日がやってくると寂しくなりますね。

私もまさか今年二人ともいってしまうなんて今でも信じられないです。

お辛かったですね、心と体は一緒ですもの、どちらかが傷つけば同じように傷つきますね。
昨日の記事にも書きましたが、悲しみはなくなることはないですね。
自分を守るため、上手に悲しみと付き合っていくことが出来るようになるのでしょうね。
Re: No title
ピョンコさん
18日・・・今まで以上に、特別な日になってしまいました。
はい、長いひと月だと思うこともあれば、あっという間のひと月だったような気もします。
おっしゃるとおりだと思います。火葬場の方がシーズーは12歳くらいが一番多いとおっしゃっていました。
大往生っといっても良いのでしょうか?

はい、モモちゃんとの1日1日は宝物です。いっぱい、いっぱい楽しんで欲しいって思います。
長女は今のヘッダーに使っているお写真がそうなんですが、2つにむすんであげるの好きでした。
も一回、お手入れしてあげたいな~って思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
佐藤さん
私達のように本当に我が子だと思って大切にしている人間と「犬」として大切にしている人とは根本的に考え方が違うんですよね。

昨日も、お客さまでとても良い方で、わんちゃんも飼っていた経験のある方です。
その方が、犬を家の中に入れようとは思わないっておっしゃったんです。
柴犬を外で飼う計画をされているんです。

私達には愛する我が子を屋外で寝起きさせるなんてあり得ないことですよね。
その方に自分の子供を外で寝起きさせられるかと聞いても、その方の気持ちが室内で飼う方向へ変化するとは思えませんでした。

結局、価値感の違いはどうしようもないのですね。
だから私も分かってくれる方としかわんちゃんの話はしたくないって思います。
私も最近は暗い記事を書いたりして、皆さんにご心配おかけしたりしています。

私で良かったらいつでもお話お伺いしますので、一緒に悲しみを乗り越えていきましょうね。
こうやってお話させていただいて私のほうこそ、本当にありがとうございます。

プロフィール

アール

Author:アール
全身全霊をかけて愛した娘達との相次ぐお別れを経験しました。母はどんなに寂しくとも思い出を頼りに生きていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。