*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は四七日(よなのか)でした。
長女がちびちゃんのところに行ってから28日経ちました。
今日もいつものように地上からの応援を送りましたよ。

実は今日、四七日(よなのか)だという事を忘れていたんです。
お仕事の帰りにスーパーに寄ったのですが、そこでちょっと嫌な事がありました。
そのことで鼻がつ~んとなってきて、そのまま悲しみモードへ入ってしまいました。
帰宅後、仏壇の前に座ってお経を唱えたり、あの子達とお話したりするうちに四七日だということを思い出しました。

1215長女とちび
「2007.12.27」ひなちゃんちびちゃん今日もありがとう


お話を戻すと、スーパーに腰の曲がったおばあちゃんと50代くらいの夫婦が3人で買い物に来ていました。
おそらくおばあちゃんは奥さんの母親なのでしょう。人目も憚らず、腰の曲がった母親を買い物の仕方が悪いというような意味合いのことを言って大きな声で怒鳴っているのです。
おばあちゃんの悲しげにトボトボとショッピングカートを押す姿がとても不憫に思えて、その女性の顔をちょっと睨んだかもしれません。

どうして年老いた母親に冷たく接するのか?旦那さんとは、楽しげに買い物をしているのです。
おばあちゃんが可哀想で涙が出そうになりました。
人前ですら、あんなにきついのですから家ではどんなでしょう。
こういったときどうしても亡き母の姿を重ねてしまいます。

親孝行したくても出来ない人もいるのにね。
いろいろな境遇のお年寄りがいらしゃるのですね。
うちの母はしあわせだったんだなと、つくづく思いました。

今頃は母とちびちゃんが一緒に天使の階段を下りてきて、長女を迎えに来ているかもしれませんね。

1215天使の階段
「2013.12.12撮影」

    

  最後までおつきあいくださってありがとうございましたm(_ _)m



にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 老犬との日々
ジャンル : ペット

tag : 高齢犬 シーズー ヨーキー

Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
Mママさん
おはようおざいます。
ママさんも毎日お空を見上げられるのですね。
天使の階段という現象なんですが、このお写真ではちょっと分かりにくいですね。
雲の隙間から地上に光が降りてきています。ヤコブの梯子という別名もあるようです。

おっしゃるっとりだと思います。
私もそういう人間でいたいと思います。
Mママさん、そうですよね。時間が経てば悲しくなくなるというものではないですね。
いろいろな感情がこみあげてくる・・・それ少しをコントロールできるようになっていくのかもしれませんね。
No title
孝行したいときに親はなし。
本当にそうなんです。
それも親の体が動くうちに孝行しないと
意味がありません。

アールさんはお子さんがいらっしゃらないので
旦那さんと仲良しなんでしょうね・・・
羨ましいです。

まだまだ時間は掛かります。
年明け
ココアの三回忌。
2年です。
この2年を思い返すと
最初の一年は何をしていたのか・・・
あまり思い出すことが出来ません。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
ママちゃんさん
おっしゃるとおりだと思います。
元気で充分楽しめる体力のあるうちのほうが良いですね。
その後は、優しい言葉をかけられたいようですね。

そうですね、頼れるのは主人だけなので仲良くしていかなくてはならないんですよ。
もう、両親とも他界していますし、子供がいないと寂しいものですよ。

そうですね、思い出すことが出来ないとおっしゃるのは分かるような気がします。
うちはちびちゃんが行ってから、もうそろそろ9ヶ月になりますが同じような気持ちです。
悲しい事は忘れるように脳がコントロールしているのでしょうか。
時々思い出したように悲しみがあふれ出してきて困ります。
Re: No title
佐藤さん
こんばんは。
やはり、時々あることなんですね。相手が子供だったりする事もありますよね。
そんな時も虐待されていないか心配になったりします。
とても嫌な気分になりますね。

いえ、そんなに詳しいわけではないんですよ。
義母が仏様をとても大切にされる方でその影響が大きいんです。
樹木そうだと後々困らないと思います。ずっと一緒が良いですよね。

5ヶ月ですか・・・私もちびちゃんがなくなって9ヶ月ですが佐藤さんと同じような気持ちになります。
本で読んだのですが、悲しみを乗り越えるプロセスで通る道だそうです。
「悲しい気持ちを忘れるという恐怖」を経験される方が多いようですよ。
私もそれを知って安心しました。自然とそういう罪悪感のようなものからも解放されるはずです。
一緒に乗り越えられるよう頑張りましょうね。
プロフィール

アール

Author:アール
全身全霊をかけて愛した娘達との相次ぐお別れを経験しました。母はどんなに寂しくとも思い出を頼りに生きていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。