*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
樹木葬という選択
以前このブログにも「一緒のお墓に入りたい」という記事を書いたことがありました。
ちびちゃんがお空に旅立った後、皆で一緒に入れるお墓を探しました。
そして自宅からは遠いのですが、一箇所条件にあったところを見つけることが出来ました。

1212長女01
                                    「2011.08.04」


現在、私は嫁いだもののちょっと事情があって、実家の墓守りもしています。
将来は主人のところのお墓と私の実家のお墓、両方の墓守りもしなくてはなりませんが、残念な事に跡取りがいないのです。最近では、子供がいてもお墓を持たず、海や山などに散骨される方もいらっしゃるようですね。

1212ちび01
                                    「2011.08.04」

両家とも箱位牌があって、ご先祖様がとても多くいらっしゃいます。そこで、いろいろな事を考えてみると、樹木葬で皆一緒に供養するのがいいのかなと思ったりしています。このことについてはまだ決めたわけではありません。

私と、主人、長女、次女は一緒に樹木葬墓苑に入ることにしています。
実際、その場に足を運んでみましたが、のどかですんなり受け入れられるような雰囲気のあるところでした。

樹木葬墓苑には隣接する花壇があって、アンネのバラが綺麗に咲いていました。
1212アンネのバラ02

花壇には、百日紅、しだれ桜、冬桜、しだれ桃、こてまり、などが植えられ、アンネのバラは、花壇の中心に植えられています。こちらの墓苑には、桜葬、好きな花木を植樹する樹木葬、アンネのバラの周りなどいろいろと選択する事ができます。

1212アンネのバラ

火葬でお世話になったメモリアルパークには納骨堂を借りていますし、動物達のお墓もあります。和尚さんは動物は動物のところにっておっしゃいます。でもとてもあの子達を寂しい山の上において帰ることは出来ませんでした。主人も同じ考えなので本当に良かったです。


1212長女とちび
                                      「2011.08.04」


          ひなちゃん、ちびちゃん 今日もありがとう



      最後までおつきあいくださってありがとうございましたm(_ _)m



 
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 老犬との日々
ジャンル : ペット

tag : 高齢犬 シーズー ヨーキー 樹木葬

Secret
(非公開コメント受付中)

え〜!
羨ましいですぅー!
ヒナちゃんとちびちゃんと一緒にもう場所も決められているのですね〜(^ ^)
それに理解のある御主人なんですね。
いいな〜いいな〜♪
一緒のお墓に入るなんてベストですよね!
ヒナちゃんとちびちゃんいいお母さんで幸せだな〜
愛する我が子ですものね(≧∇≦)
No title
仏教は畜生道と言い、
キリスト教は人間は神の似姿と言い、
人間と他の動物を区別しているので、
私はどうしても受け入れられません。
(ただ遺伝子配列が違うだけじゃん、って思ってます)

すずe-415は樹木葬のようなものでしたが、
お骨は一年後に掘り出して、
今、私と同じ枕で寝ています。
夫にも「必ず一緒の骨壺に入れて」と遺言してあります。

ヒナコちゃんとちびちゃんの気持ちは、
アールさんが一番ご存知のはず。
アールさんの気持ちのままでいい、と私は思います。
No title
アールさん
毎日色んな事を考える日々だと思います。

何の慰めにもならないけど
アールさんすごい良くやっていらっしゃいました。
頭が下がる思いで毎日ブログを拝見してました。

私もココアたちと一緒がいいです。
Re: タイトルなし
ピョンコさん
ちびちゃんが行ってしまったとき、心も体もボロボロになってしまいました。
その時に、一緒にお墓に入ることが出来たら、死後の世界でまた一緒になれるような気がしたんです。
一緒に入るお墓を探すことで、少し気持ちが落ち着きました。
実際見に行ってこれだったら大丈夫かなと思ったとき、とてもホッとしたことを憶えています。
今はお骨をどうするか心配がなくなったので、安心しています。

Re: No title
すず❤ママさん
仏教やキリスト教ではそんなふうに言うのですね。
同じ命、もっと大切にしていく世の中になってほしいと思います。
 
そうでしたね、記事は拝見させていただきました。
やはり手元に置きたいお気持ちとてもよく分かります。亡くなったときは一緒に・・・
そう思えばずっと一緒なんだな~と思えて心が穏やかになれます。

あの子達はこれからは二人で一緒に待っていてくれると思います。
まさか同じ年にみんな行っちゃうなんて思っていませんでした。
ちびちゃんが寂しくてお姉ちゃんを呼んだのか、お姉ちゃんがちびちゃんを心配して行ったのか・・・。
いつか会える日を楽しみに頑張ろうって思っています。
Re: No title
ママちゃんさん
そうなんですよね。穏やかに過ごせる日もあれば急に涙が出てきたり・・・。
情緒不安定なことは間違いないと思います。

ママちゃんさん、ありがとうございます。とても嬉しいです。
そんなふうにおっしゃってくださるととても救われます。
もっともっと尽くせたんじゃないかっていつも自問自答するんですよ。
気持ちは揺れ動いていますが、ある程度は出来たのですよね、そう思って納得するようにしています。

そうですね、ココア君と一緒が良いですよね。ココア君、今頃うちの子たちと遊んでくれていると思いますよ。
プロフィール

アール

Author:アール
全身全霊をかけて愛した娘達との相次ぐお別れを経験しました。母はどんなに寂しくとも思い出を頼りに生きていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。