*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生きてるのではなく生かされてるということ
今日、幼友達から悲しいメールが届きました。
中学、高校と一緒だった同級生が、昨日脳梗塞で急死したという内容でした。
なかなか受け入れられることではないですが、この早すぎる死に、私達は生きてるんじゃなくて生かされているのだなと改めて思い知らされたような気がしました。

3年前には母が、今年になって次女と長女が旅立ちました。
順風満帆に物事が進んでいるときは考えもしないことですが、最近、生き死にとは何かふとした時よく考えてしまいます。人もワンちゃんも命あるものは、遅かれ早かれ死んでいくことになります。今までは、ずっと遠くにあることだと考えていて、その意味もわからず、漠然とした恐れしか感じていませんでした。

1210事
                            「2013.05.16」


娘達が15歳を過ぎたころから、そう遠くない将来、その時が来るのだということを嫌でも意識し、恐れていました。頭では理解していても、心が受け付けていませんでしたから、ちびちゃんをなくした当初はかなり動揺し、辛い毎日を送ったと思います。

同じ日に愛犬を亡くした方のところに、ひと月ほど、毎日のように通いました。
その後和尚さんに、今、側にいる大切な存在を忘れているとお叱りを受け、目が覚めました。ちびちゃんへの思いは封印し、長女の事を第一に考えて行動しました。その結果、私はペットロスから立ち直ることが出来たように思います。

1210長女01
                    「2013.0516」


長女への思いとしては、ある程度お世話させていただいたという気持ちもあります。
こうやって、ブログを書くことによって、あの子達に関わっているのだという安心感もあります。
おかげさまで、少しずつですが穏やかな気持ちで過ごす時間が増えてきたのではないかと思います。
長女の導いてくれた道をまっすぐ歩いて行けそうな気がしてきました。
命の重み、生かされていることに感謝して毎日を送っていこうと思います。

  

  最後までおつきあいくださってありがとうございましたm(_ _)m




にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 老犬との日々
ジャンル : ペット

tag : 高齢犬 シーズー

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
私もギズが10歳くらいからずっと、、心配していました。
いつか、、いつか、、、と思うと動悸がしてしまい、、
でも最近はそのいつかが、、、もうすぐ来てるかもしれないんだ、、、と思うと
苦しくなります。もうすでにペットロスになってるのかな、、と思います。
アールさんはすごいです。
いろんなこと考えて、、、思うだけでもすごいことだと思います。
私だったら、、、どうなってしまうんだろう、、といまからすごく怖くなってしまいます。
でもね、、
昨日、車椅子を買ってきたんです。ギズ、すごく喜んでくれてました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
あけもんさん
こんばんは~。
車椅子、拝見しました。
ギズちゃん喜んでくれて、良かったですね。
長女にも車椅子、考えていいました。貧血のお注射、エスポでしたっけ?
それも受けるところだったんですよ。間に合いませんでしたが涙
ブログを拝見すればするほど共通点が多いですね。
ギズちゃんには長女の分も長生きして欲しいです。応援していますね!

私なんか全然すごくないですよ~
診察室で何回泣いた事でしょうか・・・。
あけもんさんこそ、しっかりギズちゃんのこと考えておられるなって思いますよ。
私が出来なかったことなど、いろいろされていてすごいな~って思います。
ギズちゃんは本当にしあわせな子ですね。



Re: No title
ピョンコさん
実はそんなに若いとは言えない年ですが、亡くなるには早いと思います。
母親って、特別ですね。娘たちのときは母のときも乗り越えたんだからって言う気持ちもあって・・・。
こうやって、悲しみを乗り越える事で、人間は段々強くなるのでしょうね。

はい、母のお客さまがお休みの日に来てくださいます。

そうですね、出来るだけの事をしてあげたっていう気持ちがあれば、少しは楽になれると思います。

いつも可愛いって言ってくださるんで、嬉しいですm(_ _)m
ヒナコもきっと喜んでいますよ。


プロフィール

アール

Author:アール
全身全霊をかけて愛した娘達との相次ぐお別れを経験しました。母はどんなに寂しくとも思い出を頼りに生きていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。