*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長女が敷いてくれた道
昨日は、悲しいのに泣けなくて苦しいって書きました。
でも今日は朝からずっと泣きっぱなしでした。
悲しみに浸っている事に耐えられなくて、外出しようと思いました。
でも涙がとめどもなく溢れて、15時過ぎまで外出することが出来なかったです。

1126長女04
                                     「2013.11.05」

少し落ち着いたので、長女のお世話でしばらく出来なかった事をしようと思いました。
まずシェービングとマッサージに行ってきました。
その後、歯医者に寄ってスケーリングもしていただきました。
混んでいて少し待ったのですが、焦らなくても時間がある自分がとても寂しかったです。
長女がいなくなったこと、実感する瞬間ですね。

1126長女05
                            「2013.11.05」

書店にも寄って新しいヘアカタログをチェック。
一人でお蕎麦でも食べようかと思いましたがそれはやめておきました。
長時間外出するのも今はまだ気が引けました。
四十九日までは自宅にいるのかなぁと思うからです。
晩ごはんの買い物をして家に帰ることにしました。

1126長女02
                          「2013.11.05」


毎日シャワーだけでしたが、今夜は湯船にお湯をはることにしました。
介護がなければ普通に出来る事でも、目を離せない子が待っていると思うと時間との戦いでした。お仕事のときは、叔母にペットシッターとして面倒をみてもらっていましたが、その他の時間、買い物に行ったり用があって外出しなくてはならないときは本当に困りました。

1126長女01

                             「2013.11.05」

亡くなる前は興奮状態になっても体がほとんど動かせなかったので、義母宅で見て頂くことが可能でした。
それまでは、本当に少しの間でも目を放すことは出来ませんでした。
転がって起き上がれなくなったり、すごく興奮して鳴いてしまうようなことが続きましたので、お手洗いに行く事さえ躊躇った事も度々でした。

何度か動画もアップした事がありますが、歩けなくなる前は長女も一生懸命体を動かそうとしていたように思います。喉もと過ぎれば熱さを忘れるように、今は昼夜逆転した時期や興奮状態で大変だった頃の記憶はあまりありません。ただただ、可愛い愛する子を失った事ばかり思う毎日です。
もう一度、お世話がしたくてしようがありません

1126長女03
                              「2013.11.05」


高齢になったとはいえ、去年の春までは二人の娘はとても元気に過ごしていました。
ちびちゃんが去年の夏に膵炎になって、秋には慢性腎不全になりました。
その後、皮下点滴に毎日病院に通う生活が始まりました。

そのころの長女の様子は目や耳は不自由でしたが、慣れた自宅での生活なのでほとんど介護は必要ありませんでした。ちびちゃんがお空に行ってしまった当初は、長女一人でお留守番もしていました。

お仕事で留守にする時も独りで待っていてくれていました。そんな事が何回か続いていると長女が食欲不振になって体調を崩しました。今まで18年近く、独りになることがなかったですし、ちびちゃんがいなくなったことで寂しかったのだと思います。

実際、同居の子が先に逝くと、残った子も一緒に逝ってしまうようなことがあるようです。獣医さんがおっしゃっていました。患者さん宅で時々聞くそうです。ちびちゃんが亡くなって8ヶ月、よく頑張ってくれたと思います。私達夫婦を毎日癒してくれ、愛情を一杯くれました。ペットロスから救ってくれたのも長女。この長女がくれた大切なものを守っていこう、少なくともその努力はしなくてはならないと思います。

その気持ちが強いので、お仕事も休まず行こうと思いますし、四十九日を迎える頃には長女が敷いてくれたこの道を前向きに歩いていこうって思っています。
だけど、悲しむべき時に思いっきり悲しんだほうが立ち直りが早いそうなので、今は思いっきり遠慮することなく悲しもうって思います。


         最後までおつきあいくださってありがとうございました。
     1126娘達01

        ひなちゃん、ちびちゃんありがとね。お母さんのところにきてくれてありがとう



にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 老犬との日々
ジャンル : ペット

tag : 高齢犬 シーズー ヨーキー

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
昨日PCのお気に入りの整理をしていたら、とりあえずブックマークしておいた何処のカテゴリーにも入っていない「ぐらんわん」が一番下にありました。
もう投票も終わったしそろそろ削除しようかと思っていましたが、そうだ!ここでヒナコちゃんを知ったんだったと思い再度102番のヒナコちゃんを見てしまいました。
お目目クリクリで可愛いですね。
削除するのはやめて「動物」のカテゴリーに移動しました!

泣けるのでしたらいっぱい泣いた方がいいと思います。
きっとヒナコちゃんもちびちゃんもアールママさんの所に迎えてもらって「ありがとう♪」って思っていますよ。
Re: No title
ピョンコさん
いつも優しい言葉をかけてくださって本当に感謝しています。
ぐらんわん・・・懐かしい気がします。
考えてみたら、あの頃はまだまだ元気でいてくれると思っていました。
そうですよね~あの時もピョンコさんにはとてもお世話になってたんですね。
いつもいろいろお気遣い頂くばかりで申し訳ないです。
ピョンコさんはブログなどされていませんか?もしされてたら教えていただくと嬉しいです。
以前にもお伺いしたことがありましたらごめんなさいね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
Mさん
いつもありがとうございます。
そうか~やっぱり片付けられないですよね。うちもそうです。
でもお水までは入れてあげてなかったです。
明日はちょっと入れてみようかな?減っていたら嬉しいですね。

うちはまだ二人とも夢にも出てこないから、ちょっとくらいそういう気配のようなもの感じてみたいです。
いつもあの子達のこと褒めてくれて嬉しいです。ありがとね。

プロフィール

アール

Author:アール
全身全霊をかけて愛した娘達との相次ぐお別れを経験しました。母はどんなに寂しくとも思い出を頼りに生きていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。