*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死を受け入れるという事
長女がお空に行ってから5日目の今日、お仕事に行きました。
勤務先で電話が鳴ると少しだけドキドキしました。
そして、その後、勤務先の忘年会に出席しました。
羽目を外して騒ぐ同僚にいらいらする事もなく無事に帰宅しました。

でもやっぱり普通ではありません。体調は胃がムカムカしている感じがします。
長女の死を思い出そうとすると拒否反応のようなものが出てきます。
これ以上考えたら壊れるからやめなよといった感じです。
長女を亡くしたことに薄いベールがかけられて精神を保っている状態でしょうか。
時々その薄いベールが風で飛んでいってしまい明るみに出てしまいます。
そうなるとどうしようもない喪失感におそわれ頭がクラクラします。
ネガティブなことばかり考えてしまいます。


1123長女
                                   「2013.07.25」

長女の死を受け入れて初めて立ち直れるのかもしれませんね。
今はまだ、そういった時期ではないようです。
ちびちゃんが亡くなったときは長女が導いてくれました。
長女のお世話をさせていただく事に夢中になって、いつの間にかペットロスから抜けだせたように思います。

長女が導いてくれた道を台無しにしてはいけないですよね。
何か夢中になれることを見つけたら良いかも知れませんね。


クローバー03



主人は毎日のように天使の階段を見るそうです。

1122DSC_0084T.jpg

ガラス越しにとっているので分りにくいかもしれません。

1121DSC_0057HT.jpg

ちびちゃんと長女が上がったり降りたしているのでしょうか?

1121DSC_0082T.jpg

   
   最後までおつきあいくださってありがとうございましたm(_ _)m


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 老犬との日々
ジャンル : ペット

tag : 高齢犬 シーズー

Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
人は悲しみを感じないと立ち直れないといいますが、私は体が防衛反応みたいに綺麗に亡くなったということだけベールがかかりました。
犬用の洋服を見たときには、可愛い〜愛犬に着せよ!と、言いかけたときにハッとします。
忘れないというのと違うと分かっているのですが…。
でも、無理にベールを取らなくても、楽しかった思い出が1番に思い出されて、辛い記憶は2番てになるときがくると思います。
犬という生き物が、人間にこれだけ思われて喪失感や絶望感を与えられるなんて、その犬が愛された証だと思います。
お仕事も忙しくなる時期なので、身体にだけは気をつけてくださいね!
娘がいない朝、を今朝なんとか乗り越えました。ほんとに辛いですね。毎日アールさんの文章の全てに涙が溢れてきます。私にはマーサがいるからまだ耐えられるのかもしれませんね。アールさんのお気持ちを考えると・・。自分のブログの返事もできていないけど、この叫びたくなるような寂しさが少し抑えられたら書けるかな。こちらのブログに出会えてホントに良かったです。アールさんも体に気をつけてくださいね(; ;)
Re: No title
ピョンコさん
そうなんですよ。土日祭日が忙しいですね。
忘年会、去年はちびちゃんの体調が悪かったので欠席しました。
今年も長女の体調が今ひとつだったので欠席の予定にしていたんです。
それがこんな事になって、どうする?ってことになって。頑張って出席することにしたんです。
長女もそのほうが喜ぶような気がしました。
そうですね、壊れてしまいますね。頑張って長女が敷いてくれた道を歩きたいと思います。
心配してくださって、本当にありがとうございます。

ピョンコさんのご愛犬のことももっと聞かせて欲しいです。
 
Re: タイトルなし
あやかさん
いつもありがとうございます。
そうですよね、無理にベールをとらなくてもいいですよね。
そういえば、ちびちゃんのとき、あやかさんのおっしゃるようになりました。
愛情が大きければ大きいほど、悲しみも大きいですね。
それだけ愛し愛されたのだから苦しいのは当たり前なんですよね。

はい、体調管理、気をつけますね。
インフルエンザのワクチンでも打つようにしようかなと思っています。
Re: タイトルなし
アナママさん
大変な時に私のことも気遣ってくいださって申し訳ないです。
そして、コメント残してくださってありがとうございます。

今日もお仕事中、ママさんとアナちゃんのこと考えていました。
15才2ヶ月・・・。どうしてもアナちゃんとちびちゃんが重なってしまいます。ちびちゃんは15才5ヶ月でした。
世間一般的には15才過ぎれば長生きだ言われているように思います。だけどこうやって高齢犬のブログを見てると、もっと一緒にいたい。もう少し一緒にいられる年齢のはず。
どうしてもそんなふうに思ってしまいます。
本当にマーサちゃんがいて良かったです。長女が私を助けてくれたように、マーサちゃんがアナママさんをきっと助けてくれますよ。
アナママさんもどうぞご自愛くださいね。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
生活のリズムが変わってしまうのが何より居ないことを痛感させられますよね。。。
私もいつしか慣れていく自分にも悲しくなり、どうしようもない現実に抵抗していたように思います。
たまらなくてパソコンでクーに似た子を探していました。
ケンちゃんが一週間以内にはお泊まりにきていましたから、今思い返すとやっぱりクーのお世話をしたかったのだなと思います。
アールさんのお気持ち痛いほどわかりますよ。今はアールさんの気持ちのままにされるのが一番です。
No title
今は、何も無理する必要もなく、悲しい時にはおもいっきり泣いても
いいのではないかしら。

天使の階段ですか?
なんて綺麗なんでしょう。
きっと、私達生きてるものには見た事もない様な美しい
花園の中を、あの子達は駆け回ってるのでしょうね。

時間薬といいますが、時が経つのが1番のお薬なんですよね。
私も、14年前に失った秋田犬のときには完全なペットロスになってました。
その時は、たーぼー&モコの面倒みるのも嫌になり、主人に
お散歩頼んでました。主人だって辛かったでしょうにね。

でも、今では楽しかった思い出が優先されてます。
だから、アミ&らむへの想いも、いつかそんな風に変わる時が
くると信じてます。
時間薬がいつか解決してくれるのですから、今は楽しかった時のこと
を思い出したり、仕事に没頭するも良し・・・なんて偉そうにね。
私、仕事に出た時だけは、気が紛れてました。
家に帰ると又落ち込む、そんな繰り返しですけどね。

アールさんと似た経験者が、このブログにはたくさん集まってますもの、
お話するだけでも随分と違いますよね。
私も、秋田犬の時よりは、今の方が随分と気持ちが楽です。
ブロ友って、いいですよね。

Re: タイトルなし
サチさん
はい、本当に生活のリズムが変わってしまいました。今は戸惑うばかりです。
おっしゃるようにいないことに慣れるのも悲しいですね。
記憶が薄れていく事が今一番恐いです。
サチさんもクー君のお世話はとても濃い内容だったと思いますが、クー君亡き後そう思われたんですね。
私ももう一度お世話したいと思いました。今は時々シリンジでビオを飲ませる映像を見て涙しています。
そうですね、無理しないよう気持ちのままにするようにします。
Re: No title
mocoママさん
そうですね、思いっきり泣いてもいいですよね。
時々、生還した方がおっしゃいますね。綺麗な花が一杯咲いていたとか・・・。
あの子達がそんなところで遊んでいると思ったら、心が癒されますね。

そうですね、悲しむ時はしっかり悲しんだほうが回復が早いと聞きました。
我慢しない方が良いということですね。そうすれば時間も手伝ってくれて段々楽になってきますね。
経験しないと分らないことだと思います。

おっしゃるとおりですね。こうやってママさんはじめ皆さんとお話する事で救われています。
ワンちゃんに対しての価値観がとても近いからだと思います。
本当にブログをはじめて良かったです。
プロフィール

アール

Author:アール
全身全霊をかけて愛した娘達との相次ぐお別れを経験しました。母はどんなに寂しくとも思い出を頼りに生きていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。