*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
抱き癖がついてしまいました
昨日は皮下点滴の効き目をテストする意味もあって、点滴に行ってきました。来週月曜日、ミネラルバランスを含めて血液検査で腎臓をしっかりチェックしていただきますヾ(´ε`*)ゝ

何だか血液検査が嬉しいっていうのも変わっているかもしれませんね。
まだまだこれからだぞっていう気になれるからなんです。

主治医の先生からは、血液検査はもうしないって宣言されていた長女。そのわけは、今年に入った頃から採血、超音波、レントゲンなど検査をとても嫌がるようになったの。

先生のお考えとしては、検査をして新たな病気を発見し積極的な治療をするのではなく、例えば食欲がなければ点滴に通うなど、対処療法でやっていく事をおすすめしたいという事でした。

1025長女01

あくまで長女の年齢や状態を考えてのことです。あの当時は今よりはるかに状態が悪かったのです。私も納得しそのようにするつもりでしたが、思いがけなく長女の食欲が戻り復活したもので、ちょっと気が変わって欲が出てきたというか、時々は検査もして欲しいと思うようになったのです。

主治医の先生は診察以外のお仕事が多くって、今までは先生の予定に合わせて通院していた長女。だけど本院の方から転勤してこられた先生が信頼できると判断してからは、自然と私達のペースで通院するようになったの。
それからは血液検査復活しました( *`艸´)

もちろん検査を嫌がれば受けなくてもいいと思っていたけど、最近の長女、採血を嫌がらなくなりました。日々いろいろな事が変わってきますね。いい意味でも悪い意味でも・・・。

昨日は診察室で久しぶりに興奮状態が始まりました。
いつもだったら、左に曲がっていくお顔をストップしてやれば鳴き止むのですが、昨日は、どういうわけか反対側の右側にお顔が曲がっていきました。

そういえば歩けなくなる前に旋回運動も左回りから右回りに変わっていました。
それに気がついて、いつもの反対側の右肩に長女を抱き上げ、右に曲がっていくお顔をストップ。すぐに興奮状態治まって無事点滴していただきました。

こうなってくると脳の左側腫瘍説も疑わしくなってきます。やはり認知症の疑いが再浮上。
いずれにしてもMRIを撮らなければ確かな事は分らない。そのことで頭を悩ますのはもう止めようって思います。

ただひとつ確かな事・・・それは抱き癖をつけてしまった事です。
本題はここからなんです(/*^^*)今日も1日中ほとんど抱っこしています。
抱っこするまで手足をバタバタさせ鳴き続けます。

抱っこするとピタッと鳴き止みます。そしてお寝んね。寝たのを確認し、プールの中に入れるとすぐに起きる。そして鳴き出す。しようがないのでまた抱っこ。ほとんど家事も出来ない状態です。

足はしびれるし持病の腰痛も・・・。だけど抱っこされると、気持ち良さそうにフガッフガッと寝息をたてている長女には勝てません。今も左腕で抱っこ、右手でタイピングしています。

1025長女02

そんな時、タイミング良く、義母から差し入れのお電話が入り、今日は夕食の準備をしなくてもいいことになりましたヽ(^◇^*)/

もくず蟹の炊き込みご飯とお野菜の煮物、ごぼうのビシソワーズ、もやしと小松菜のサラダ。
ちょっと変わったメニューですが、ご馳走なのは間違いない。

明日から3日間お仕事です。叔母に抱き癖ついた事報告しておきました。興奮して鳴き続けられるよりはいいと思うのですけど、70歳も過ぎた叔母には大変かもしれませんね。

今日もご飯もしっかり食べてくれています。今日はニーレンの日。50g×3回=150g完食です。
熱中症になった時はかなり落ち込みましたが、これくらいの食欲があれば一安心してもいいですよね。




  最後までおつきあいくださってありがとうございました 


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 老犬との日々
ジャンル : ペット

tag : 高齢犬 シーズー 抱き癖

Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
抱き癖は確かに大変ですが・・・
赤ちゃんも抱き癖をつけないように
あまり抱かないと言う人がいますが
本当は抱き癖って愛情をたくさーん
かけている証拠らしいです。
娘は母が溺愛していたので
抱き癖なんてものじゃなかったです。笑
あの頃は母によく文句言いましたね・・・

日々
色々な事が変化していますが
アールさんのペースでやっていけるといいですね。

明日から娘がハワイです。
ルイと二人だとゆっくり出来ます。
娘がいると話を聞いてあげないと
ならないので疲れている時は
ちょっと大変だったりします。笑
検査のくだり、アールさんのお気持ち良くわかります。不在の際に診察して下さった先生が思うようにして下さるので主治医の先生がご不在の時にいくようになっていました。w
その先生は退職してしまったので今は一年生の新人先生ばかり。。。
ちょっと頼りないです。
長女ちゃん、カートに乗せて近くにいるのはどうでしょう?
クーはそれで大人しくなっていました。スリングやワンコ用の前で抱っこするタイプの抱っこ紐もありますよ^ ^
Re: No title
ママちゃんさん
愛情をかけてるってことですね♪
お母様が子育て手伝ってくださったのかな?
なぁちゃん、目に入れてもいたくない孫娘だったんでしょうね。
もっと成長を一緒に見てもらいたかったですね涙

ルイ君と二人っきり最初はいいかもしれないけどきっと寂しくなりますよ。
Re: タイトルなし
サチさん
一緒ですね~。
インフォームドコンセントをはじめ対応がいかにうまく出来るかだと思うんですよ。
新人さんでも飼い主さんとしっかりコミニュケーションがとれるような方だったらいいのですが。
とにかく話ベタな方だと不安になってしまいます。
口ばっかりでも困りますが・・・笑

クー君、カートに乗ってもらってご飯作られるっておっしゃってましたね♪
長女の場合、目も見えないし耳も聞こえないので体がくっついてないとダメなようです。
抱っこ紐は良さそうですね。探してみますね。ありがとうございます~♪


No title
こんばんはー。
長女たん、見事な食いつき!すばらしい(*^_^*)
ちゃんと食べてくれるから安心ですね。

寝たから置いたら起きるとかホント、人間の赤ちゃんと同じー。
甘えたいんやね。
Re: No title
まめいぬさん
食欲・・・見ていて気持ちいい食べ方です。
食べてくれると本当に嬉しいです♪

子育て経験させてもらっています♪
甘えん坊になったのはつい最近の事です。
若い頃は、よく無視されましたよ涙
プロフィール

アール

Author:アール
全身全霊をかけて愛した娘達との相次ぐお別れを経験しました。母はどんなに寂しくとも思い出を頼りに生きていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。