*All archives* |  *Admin*

2014/06
<<05 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一緒に寝るという事
ワンちゃんと一緒に寝るという事は、賛否両論あると思います。
もしかすると、反対意見の方が多いかもしれません。

いつも一緒に寝ていると、入院や災害時困るかもしれません。
いざというときに困らないよう、躾をするのも愛情・・・
ゲージで寝るよう育てたほうがいいのでしょうね。

0626a.jpg


し か し・・・
我が家では、長女も、ちびちゃんも一緒に寝ていました。
ずっとずっと一緒に。
老犬さんになってからは、一緒に寝て良かった。
側にいれば、ちょっとした体調の変化にも、すぐに気が付きました。

0626d.jpg


娘達は、一生涯でそれぞれ一回ずつ入院を経験しました。
最初は長女で、乳腺腫瘍切除と避妊手術・・・
特に困った事もなく、いい子で入院生活を送りました。

困ったのはちびちゃんでした。
膀胱結石と避妊手術で、一週間くらいの入院予定でした。
ゲージに入れると鳴いて鳴いて・・・
とても辛い思いをさせてしまいました。

入院中も飼い主の姿を見て、興奮すると良くない。
そういうことで、会うことが出来ませんでした。
診察室に連れてきてもらって、その姿を遠くから見守る毎日でした。

その子の性格にもよるのでしょうね。
同じように育てたのに・・・

ちびちゃんは、予定より3日も早く退院しました。
自分の居場所を作るとき、くるくる回る癖があったんです。
点滴のチューブが足にからまって、針が抜けてしまうということで。

そんなことはありましたが、結局最後まで一緒に寝る事は止めませんでした。
何と言っても、お互いに至福のお時間でしたから・・・

ちびちゃんは、お布団の中にもぐりこむ時、入れて欲しいと合図をしてきます。
前足で、私の腕をつんつんとタッチしてきます。
そしてお布団の中に入ると、器用に回転して私のわき腹に体を添わせてきます。
回転は右回りでも左回りでもできます。

一度で場所が決まらない時は、何度か寝返りを打って、体が密着するよう調節します。
お互いが、朝まで熟睡できる微妙な位置があったようです。

ちびちゃんは夜型で、私の枕元やお布団の上でキュキュとボール遊びをします。
私は、その音を聞きながら、寝てしまう事が時々ありました。

でも朝起きてみると、ちびちゃんは、きちんと私の腕枕で寝ています。
それは、ずっと不思議に思っていることでした。

私は寝ていても無意識に腕を上げて、お布団の中に入れてあげていたようです。
この事は、結婚して主人が目撃して分かりました。
朝はお寝坊さんで、起こされないと絶対起きなかったです(笑)

0626e.jpg


ヒナコは早起きでした。
結婚する前、ヒナコは母と一緒に一階で寝ていました。

朝になると、猛スピードで階段を上がってきました。
私とちびちゃんを起こしに来るのです。

起きるまで、耳元でワンワン鳴いて起こしてくれるんです。
とてもとても、懐かしい思い出です。


最後までおつきあいくださってありがとうございましたm(_ _)m


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 老犬との日々
ジャンル : ペット

tag : 高齢犬 シーズー ヨーキー

ちびちゃんは、おもしろい子。
今日はちびちゃんの15回目の月命日でした
今朝、主人と一緒に般若心経を唱えて供養しました。
仏壇の前で主人と一緒に思い出話・・・

0621ちびちゃんa

「ちびちゃんって、ほんとにおもしろい子だったよね。」
「そうそう、おもしろい子だった。」

ガウガウ言いながら、人の顔をペロペロ舐めたり
腕が痛くなるほどボールを投げて欲しがった。

母のお部屋に忍び込み、お菓子を勝手に食べてしまうのは困ったけど。
手の届かないところにおいてあるはずなのに、どうして?
親ばかですが、私達が思っていたよりも、はるかに身体能力が高かった?
高い所が大好きでした・・・

0621ちびちゃんc

お散歩は、行きは嫌がってゆっくり歩く。
帰りは、すたすた早歩き。
足を振り子のようにさせて歩く姿が、可愛らしかった。

主人から帰るコールがあると、玄関に行く。
そして帰るまで、ずっとずっと待ってた。
主人が寄り道すると、1時間でも待ってたちびちゃん。


そういえば、ちびちゃんっていつもカメラ目線?
いいモデルさんだったんだね・・・


ちびちゃんにもう一度会いたい。
もう一度会うことが出来たら・・・
叶わぬ願いと分かっていても、そう思わずにはいられないです。

0621ちびちゃんb

最後までおつきあいくださってありがとうございましたm(_ _)m

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

テーマ : 老犬との日々
ジャンル : ペット

tag : ヨーキー 月命日 高齢犬

ありがとう、ヒナコ。
今日は長女の7回目の月命日でした。
寂しさに慣れてきたというのでしょうか
最近は気持ちが落ち着いています。

時間薬が少しずつ、効いているのかもしれません。
こんなふうに思っていても、突然悲しくなったりしますが・・・

今日は、般若心経を唱えて供養しました。
去年の今頃のお写真を見たり、ブログを読んだり
そんなふうに、外出せず過ごしました。

0618a.jpg

長女は、まだまだ元気でした。

高齢犬に対する治療方針について
いろいろ悩んでいたようです。

ブログを書いていると、「その日」のことがよく分かりますね。
長女との想い出を、ひとつ残らず書き残したい。
そう思って、ほとんど毎日書きました。
今では宝物です。
書いていて本当に良かったと思います。

今はまだ、読めない日記もあるけど
最後の数日はまだ読めないです。
でも、いつか読もうと思っています。

0618c.jpg
「2013.06.17」

毎日のように行っていた動物病院・・・
ちびちゃんとお別れをして、辛かった頃です。
今思えば、まだまだしあわせな頃。

0618b.jpg

ブログのおかげですね。
動物病院でも、いっぱい一緒に撮りました。

ちびちゃんのお写真はありません。
あんなに毎日のように行っていたのに・・・

撮っておけばよかったです。本当に寂しい・・・
長女は、ちびちゃんと出来なかった事を
いっぱい、いっぱい一緒にしてくれたんだなぁ。
そう思うことが多いです。

長女の介護を経験した事
今の私を支えてくれてます・・・
ありがとね、ヒナコ。
本当にありがとう。
ヒナコには、いくら感謝してもしきれません。


最後までおつきあいくださってありがとうございましたm(_ _)m

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

テーマ : 老犬との日々
ジャンル : ペット

tag : 高齢犬 シーズー 月命日

快復をお祈りします。
ブログを始めた頃から、ずっと応援しているよっちゃん。
年齢を感じさせない美しいヨーキー。

彼女は、娘たちが旅立って、心にぽっかり穴が空いた私の心を埋めてくれています。
スリスリ、ホリホリする姿。
楽しそうにお散歩する姿。
娘たちの姿と重なって、随分心を温めて頂きました。

今、愛しい彼女は健気に病気と闘っています。
体調が悪くても、歩いておトイレまで行くそうです。
本当に本当に賢い子です。

飼い主様も素晴らしい方。
惜しみない愛情をたっぷり与えられ、大切に大切に育ててこられました。
そんなお二人の様子をもっと見守らせて頂きたいです。

どうか、神様お願いします!
お二人が、再び穏やかなお時間が過ごせるように...
痛いところや苦しい事がないように。

皆様も、よっちゃんの快復をお祈りしてくださると嬉しいです。
どうか、よろしくお願いします。
0217☆

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
豪華客船見学
先月、イタリアの豪華客船コスタ・ヴィクトリア船内見学会に行ってきました。

0601a.jpg


ウキウキしながら、最初は11階にある船室を見学しました。
ミニスイートとスイートを見学しましたが、眺めも良くてかなりゆったり出来そう。

0601b.jpg

その後、デッキに上がって素晴らしい景色を堪能。

0601g.jpg

高所恐怖症の私、足がすくんじゃいました。

0601f.jpg

船旅の醍醐味ですね。
贅沢な時間を過ごせそうです。

0601d.jpg

プールにジャグジー、テンションが上がります(笑)

0601e.jpg

劇場にBar、ディスコ・・・
撮影禁止だと言われて撮っていませんが、カジノもありました。

0601j.jpg

レストラン数箇所にハンバーガーショップ
お食事できなかったのがちょっと残念・・・

0601k.jpg

ジムとスパ・・・

0601i.jpg

免税店、美容室・・・

今月は、この船の1.5倍の大きさのアメリカの豪華客船が寄港する予定。
ゆったりまったりな船旅、いいな~。
いつかしてみたいです。

豪華客船で世界一周!
な~んて庶民には夢のまた夢ですね・・・

0601l.jpg

一歩足を踏み入れると別世界、すっかりリフレッシュできた1日でした。


最後までおつきあいくださってありがとうございましたm(_ _)m

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

tag : 豪華客船 コスタ・ヴィクトリア 船内見学会

プロフィール

アール

Author:アール
全身全霊をかけて愛した娘達との相次ぐお別れを経験しました。母はどんなに寂しくとも思い出を頼りに生きていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。